2018年2月8日木曜日

企画展「鏡の中の世界」at ranbu 参加します




【企画展参加のお知らせ】

大阪ranbuさんの企画展に参加いたします。

「鏡の中の世界」
2018年2月21日(水)-3月12日(月) 
そっと鏡に手を当ててみる “向こうへ行ける” 
吸い込まれていったその先はモノクロの世界。 
あるのは金と銀。 
まるで時間が止まったかのような不思議な世界に息をのむ 。

全国からモノクロ、金、銀の色の手作りの作品が集まります。

*場所
ranbu
大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30
定休日:火曜日


*参加者
harishigoto/tegamiya/-uruguruGlass- 
木村のぞみ/Bloom Glass/mycetozoa

おひさしぶりのranbuさん。
テーマに合わせ、私も色をおさえた作品をご用意します。
大人っぽい作品展となる予感です。
関西方面の方、どうぞよろしくお願いいたします







2018年1月12日金曜日

::new:: Story tellers Ippitsusen



 "Story tellers"シリーズの一筆戔に
新しい絵柄が増えました。

4.いいぎりの実
いいぎりの実をくぐり
心のなかに鐘が鳴る
それは始まりの合図
道は遠くとも導かれるままに

柔らかいクリーム色の適度な厚みのある用紙を使い
オフセット印刷で細かな切絵の絵柄を印刷しています。
二つ折りにしてちょっとしたメッセージカードとしても。
ちいさなメッセージでも、心に残る一枚となれば…と願います。





旧作品も引き続きよろしくお願いいたします。

1. ロシアンティー
北風に日には 紅茶とともにりんごジャムを
太陽を抱いたりんごが 芯から温めてくれるから

2. すみれと石
老いゆく月 育ちゆく石 刹那に瞬くほうき星
とじこめた手紙だけがあの日のまま

3.物語と黒猫
不可思議を覗いた黒猫の目
憧れた頁の向こうから
金平糖の星を吐く夜汽車は
異国の香りの街へ消えた

182 × 65 mm/10枚入り/各300yen + tax



2018年1月6日土曜日

鳥の巣カード


鳥の巣カード
::: Carte de nid d'oiseau :::

Petit a petit, l'oiseau fait son nid.
”鳥は少しずつ巣を作る” -フランスの諺-

小さな努力の積み重ねが成功につながる。
新しいことを始める方や
毎日を懸命に過ごされている方への
贈りものにぴったりのカードです。


鳥のオーナメントは
巣型の台紙の切れこみにさしてお贈りください。
鳥をはずすと、温めていた卵が現れるしかけです。


鳥と巣がラフィアで結ばれていますので
壁にかけてオーナメントとして飾ることもできます。
手作業で切りとり、色鉛筆で一点ずつ着彩しています。
卵は紙を切って貼っています。

天然のラフィアと
古い本の一行を切りとり、巣に絡ませています。


山のシルエットをハンドプリントしたメッセージカード、
洋型封筒、手作り卵型シールのセットです。

鳥と巣のオーナメント、メッセージカード
封筒、卵型シールが各1点ずつのセット
1,700yen + tax

巣のサイズ:約100*110 mm
メッセージカードのサイズ:約 148*105 mm


::: バリエーション :::
展示会に合わせて、カラーバリエーションもお作りしています。


Swan Lake Message Card


白い絵具で白鳥に仕立てたカードは
首もとの糸をほどくと蛇腹の中紙がひらき
月の浮かぶ水面が現れます。
中紙のうらには言葉を添えて。

立てて飾ることもできる
オブジェのようなカードです。

白鳥カードと小さな封筒のセット
白鳥のサイズ:約 67*48 mm
800yen + tax




水面と月、メッセージの罫は
手彫りのゴム版を押しています。


:: 使いかた ::
1.蛇腹の中紙のうらにメッセージを書きます。
2.蛇腹をたたみ、白鳥の首をそろえてまとめ
糸で束ね、結びます。
3.トレーシングペーパーで作った小さな封筒に入れて
お渡しください。


中紙、糸、ハンコのインクの色を
いろいろなバリエーションでお作りしています。